Top >  下半身痩せ関連読本 >  世にも美しいダイエット カラダ革命の本

世にも美しいダイエット カラダ革命の本

世にも美しいダイエット カラダ革命の本
宮本 美智子
世にも美しいダイエット カラダ革命の本
定価: ¥ 1,937
販売価格:
人気ランキング: 435749位
おすすめ度:
発売日: 1996-03
発売元: 講談社
発送可能時期:
世にも美しいダイエット カラダ革命の本の詳細を見る

世にも美しいダイエット カラダ革命の本(-_-)。
正直、最初はあんまし期待してなかった。
タイトルも「世にも美しいダイエット カラダ革命の本」なんて感じで、個人的にはイマイチ、ピンと来なかったし、装丁もショボイしで・・・。

でも、本って、やっぱ見た目じゃないんだよね。
世にも美しいダイエット カラダ革命の本を読んでると、ノウハウの影にドラマあり・・・ぃゃ、ドラマを追っていくと、ビックリノウハウ有り・・・って感じで圧倒されっぱなしっすわ。

[U()]の本は昔から好きだったけど、ここ数年は本をあまり読む暇なかったなぁ。これからは、なるべく時間を作って色々読んでみるつもりです。

本を過信しないこと。
私自身も彼女のダイエット本を2冊読み、6.5キロ痩せました。
ただしこの本を過信して、そのまま通りのダイエットを行うのは危険と感じます。例えばこの本で勧められている紅花油です。リノール酸の過剰摂取により、いろいろな弊害が起こることはすでに今日では実証済みです。(血栓を作りやすくし、高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞の原因となる。アレルギーや炎症の原因となる。発ガンのリスクを高め、免疫を低下させる等)この本では特にリノール酸の多い紅花油を”ジュースに入れて飲む”ことを勧めていることを考えると、このダイエットは不健康を通り越して、極めて危険な食事提案がされていて、宮本さんご本人がこの食事をされて急性心不全にて若くお亡くなりになったこととを考えると、早急に改定するべき、又は注意書きするべきではと思います。
 

著者の急死についての説明を
低インシュリンダイエットが出てきた昨今、同書の先見性に改めて驚かされる。しかし、同時に矛盾を来たしていたり、疑問を感じざるを得ない点も多い。大昔の食生活に戻る、というが、それならなぜ豆や木の実、乳がダメなのか。大昔の人間は木になる実を食べたのではないか。家畜から絞った乳を飲んだのではないか。なぜ玄米はいけないのか。なぜバターを大量摂取するのか。著者は、「それは本人の選択だ」というが、やはり健康に関する本として説明責任はあるのではないか。最も説明責任の必要を感じるのは、著者の急死に関してである。このダイエットの何がよくて何がよくなかったのか説明がほしいところである。読者として踏まえておくべきは、この著者が50代にして急死したという冷厳たる事実である。

痩せるだけではありません。
なるべく医者には世話になりたくないという一心ではじめたダイエットでしたが、これはただ痩せるだけのダイエットではなく、自分の人生観までも変えてしまうものでした。かなりストイックですが、見返りも大きいです。“You're what you eat”とはこのことではないでしょうか。

世にも美しいダイエット カラダ革命の本の詳細を見る

 <  前の記事 きっとやせる!  |  トップページ  |  次の記事 自休自足 2007年 01月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/20430

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「下半身痩せたい!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。